過去の公演

詩縄-2018-

2018年10月21日(日)

アートスペースサンライズホール

琵琶の音と縄の軋みが空間を侵食する「春琴抄」
縄で作られた舞台へ艶やかな肉体に描かれた蜘蛛が「生」を降ろす「刺青」
の二部構成で、谷崎潤一郎の倒錯世界を表現。

タイトルとURLをコピーしました